PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角栄のブレーン

神戸の文学会でその人に出会った。明日時間を空けてくれないかと言われ、OKした。もう名前も顔も憶えていない。2人で会ったのは一度きりだからだ。
食事をし、キャバレーで踊り、その後会員制クラブに案内された。名前を言い、カードを見せて、ようやくドアが開く。
「秘密クラブみたいね」
なんだか男は緊張していた。
「どうしてこう言う場所に出入り出来るのですか?」
「僕は角栄のブレーンの一人なんだ」
小さな声で男が言う。
「あなたは建築家なんでしょう? どうして政治と?」
男は全く何も答えない。
「君はいつからあの文学会に行ってるんだ?君は本当に何も知らないようだから言うけど、・・・これは秘密だよ。でも、あそこで文学を続けていくなら知っておいた方がいい。あそこの会長のM、何故、あんなに熱心に、慈善事業みたいな文学会を主宰してると思う?あのMはね、以前組合活動をしていたんだ。バリバリの労働運動のリーダーだった。だけど、ある時、仲間全部の名簿を当局に売り渡したんだよ」
「えェ!あの会長にそんな過去があるんですか」
「罪滅ぼしのつもりで文学会を運営してるんだよ。大金を手にして、今のあの広告代理店を起業したんだ」
赤狩りの頃の話なのだろう。それにしては男の年齢が若すぎる。会長Mのために、多くの人の生活や家庭がムチャクチャになったんだろうなと、ぼんやりと考える。
「君は、Mのような人間をどう思う?」
「時代背景がわからないから・・・。ただ、気の毒です」
「誰が?」
「M会長が。もう誰にも相手にされない、信用も何も無い。妻と娘を養って、過去を忘れるために、文学雑誌を発行して。なんだかあの人の暗さが分かりますよ」
「文学なんか止めて、腹をかき切って死ぬべきなんだよ、あのMは」
「あなたはどうしてそんな昔の他人の秘密を知ってるんですか?本人が苦し紛れにあなたにだけ話したのなら、秘密は守ってあげるべきではありませんか」
男は心底私の発言に失望したようだった。もう口を開こうともしない。
「それより、角栄のブレーンって、どんなことをするんですか?そっちの方がずっと興味があります」
なんだか気まずい空気が流れる。
「今から、用事があるから」と男が切り上げようとする。
「一応君に名刺だけ渡しておくよ。僕はもうあの文学会には行かない」

私はBFの俊夫にその話をした。「この住所に2人で行ってみない?普通は聞けない面白い話を自宅でなら話してくれるかもしれない」
地図を見ながら俊夫の運転でその名刺の住所を探すのだが、どんどん山奥に行く。山を切り開いたばかりの土地の上に建売住宅のようなものがズラリと並んでいる。「ここみたいよ」ようやく突き止めた。「○○さんのお宅ですか?○○さんいらっしゃいますか」と俊夫と2人でインターフォンに声を入れた。険しい顔の女が一人出てきた。
「建築家だか角栄のブレーンだか、そんなこと知らないけど、あの男もう何ヶ月も帰ってないし、連絡も無い。こっちが居所教えて欲しいくらいよ。あんたたちは、何時何処で、あの男と会ったの?」
スポンサーサイト

え?い、じゃかましいー!

「本人が断りを入れてくれと言うので、電話していますが、Bruxellesさんをね、私がいただきますよ」
Bさんは落ちついてすんなりと、とんでもないことをGribouilleに伝えた。間抜けな私が言って欲しいと頼んだのだ。Bさんは、何も知らない。頼まれたから、電話しただけなのだ。まさかBさんが本当に電話するとは思っていなかった。
Bさん:「これでいい?」
B:「何か言ってた?」
Bさん:「動揺してたみたいよ」
私はBさんの豊中の自宅にいた。Bさんと知り合って毎晩飲み歩いていた頃だ。この勢いでBさんの力を借りて、もう東京に行く必要がなくなればいいと思っていた。

なのに何を思ったか、Bさんの詩誌でイラストを描いているH代ちゃんと、Bさんと私の三人で翌月上京することになった。
Bさんが昼メロの主演男優と別れた直後だった。Bさんの夫は、それを私の功績だと勘違いし、私の登場は大歓迎された。東京行きはご褒美だった。新橋の第一ホテル、Bさんと私はツインルームに泊まった。

私はいつものようにGに電話して会いたいと伝えた。今、自分の一番身近にいるBさんをGに紹介しようと思ったのだ。間抜けな私は電話のことをすっかり忘れていた。
Gは時間と場所を指定し、Kも一緒に行くと言った。

店に入るとGとKは先に来て待っていた。二人の顔をみて私は懐かしさで一杯になった。Bさんも上機嫌だった。
「先日はお電話で大変失礼いたしました」
Bさんは真っ先にそう言った。Bさんは覚えていたのだ。その前に
「大阪で詩誌Fを発行しているBと申します。近々に最新号をそちらに送らせていただきます」とも言った。
Bさんは詩人として詩人のGに会っているつもりなのだ。Bさんも電話の内容までは思い出せないでいたのだろう。
Gは違った。先日の電話の相手が、私を伴って目の前に現れたのだ。
一連の紹介が終わった直後に先制攻撃をかけて、こう言い放った。
「こんなところにいる場合じゃない。そろそろお店に出る時間じゃないですか」
「えぇ?」 Bさんと私は一瞬意味がわからず顔を見合わせた。
G:「○○に出勤する時間じゃないですか」
○○は有名なゲイバーの名前だった。
Bさんと私はもう一度顔を見合わせ凍りついた。前にも書いたがBさんは京マチ子と嵯峨美智子のいいところを掛け算したような美人なのだ。その上特別の色気がありすぎるので、時にオカマに見えてしまう。
予想外の先制パンチにBさんの顔がゆがむのが、はっきりと見えた。
B:「Bさん。着物を着てくればよかった。着物を着ていれば、こんなことを言われずにすんだのに」
私はBさんの両肩に手をかけて揺すりながら、思わずそう言った。
え?い、じゃかましいー!」
Bさんは大声でそう言うと、私の両手を振りほどいた。その勢いと激しさに私は一メートル以上吹き飛ばされ、倒れた。
Bさん:「着物を着てようが、何を着てようがあれこれ言われる筋合いは無い。何やのん、この人。あほくさい。帰ろ帰ろ、帰るよー」

B:「Bさん、Bさん、このまま帰ったらダメ」
そう言いながらも、私はBさんの後を追った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、振り返って書くと、何度も笑ってしまう場面だ。しかしこの場面こそ、私が後に、仕事やら人間関係のすべてを整理して、日本を飛び出す最大の原因のひとつになった。最も大切な人達から得ていた愛や友情や信頼を、この場面で瞬時に喪失した。私は魂と身の置き場まで神様にとり上げられた。自業自得、因果応報。

小説 「帰ろう愛の天使たち」

Parisでの勉強が終わり、Joeがヨーロッパの旅を始めたので、私は返事の代わりにJoeのための専用日記を書くことにした。そんな時、アジアの旅から帰ってきた俊夫が、会いたいと言ってきた。俊夫と初めて出会ったとき、私の隣にはJoeがいた。Joeの目の前で俊夫と会う約束をした。3度目に会った時、地下鉄の階段を下りながら、俊夫が腰に手を回してきた。そして言った。
俊「最近眠れない。食欲も無い。君のせいで5キロも痩せた」・・・

俊夫は「2N世代」の出版記念会に来ていたから、そこにたくさんいた私の男友達の存在を知っていた。
B「Joeは今ヨーロッパよ」
俊「ずっとずっと後で、君の周りの男達が、もしみんな消えて、君が一人ぽっちになったら、その時は僕と結婚しようね」と言った。
Joeが私にとって何なのか、心の整理をしなければならないと思い始めていた。JoeはGの家で異様な振る舞いをした私を見ている。Joeが帰国するまでに、あの夜の私を自己把握するまでしっかりと分析しなければならない。
気がつけば、私に会いに来た俊夫に、Gとの出会いから今に到るまでの、楽しかったことや苦しかったことを全部打ち明けていた。私が予想もしないことを言うので、俊夫はきょとんとしていた。私は俊夫に話しながら、存在論的に私はGが大好きなのだと確信した。そしてその行く先は不毛で袋小路は目の前に見えた。内蔵を全部丸洗いしなければ、このまま死んでしまう、と思った。
俊夫はまるで何も聞かなかったかのようににっこり微笑んで帰っていった。

私はその夜、Gへの気持ちを作品の中に昇華できると感じた。Gと私を作品の中で殺してしまうのだ。私は神戸の「風群文学会」に所属し、既に小説を何編か発表していた。以前からGを心の中から追い出す努力をしていたのだ。
B「一緒に死のう」とGに言ったことがある。
G「Bruxellesちゃんとだったら、死んでもいいかなぁ」と確かにGは言った。
それを物語の中で実行させればいいだけだった。Gは東京でBは大阪で、場所と時間を少しずらして心中させる。多言語にまみれ、観念のあまりの大きさに、現実を見失ってしまった自分をそうして一か八か頓死させるのだ。Joeがヨーロッパを周遊している間に、小説として完成させよう。タイトルは・・・。ペンネイムは・・・。

・・・・・・・・・・
 もう何日も雨戸を閉ざして、そして今、22本のローソクの火の下で、ついに僕はこうしてペンをとっている。これを書き終えたとき、僕は「敗北者」の名を選び取り、ポケットに準備した愛すべき「くすり」を、故障しがちだった体内に流し込む。太陽は僕を冷えたまま地球の陰に置き去りにし、あなたたちの窓には、ゆっくりと角度を上げながら「おはよう」のあいさつを送り込んでいるだろう。もう僕にとっては、僕と、圧倒的に僕以外の「あなたたち」の世界は、ある時点に向かう僕の未来形の確実な速度と共に、はっきりと隔てられてしまっている。
?小説 「帰ろう愛の天使たち-または無音のシラブルの意思について-」 イントロ-
・・・・・・・・・・

Joe (2) Je suis tres heureux de vous voir

「Marie,僕と結婚してくれる?」
Joeは大きな声ではっきりと言った。キタの旭日屋書店の近くにある第一勧銀前の歩道の上でだった。どう返事をしたのか思い出せない。ただ
「えぇっ!Joe、今日は何日?今何時?」と言ったのを鮮明に覚えている。
自分の人生に於いて、とても重要な瞬間に思えた。二人して目の前の阪急百貨店の電光掲示板を仰ぎ見た。なのにそれがどんな時刻を表していたのか、全く覚えていない。
   ・・・・・・・・・
「今度の休みに帰ったら、両親にMarieのことを話すよ。すぐにOKは出ないと思うけど、最終的には絶対説得するから。期待して待ってて」
私はJoeといるだけでとても楽しかったので「結婚」という現実が二人に何をもたらすのか、ほとんど何も想像出来なかった。
立ち止まって考えてみたことがある。Joeは私と結婚して何を得ることが出来るのだろうか。私を得ることが出来る。少なくとも。でもそれだけだ。Joeはそれで充分だと言ってくれた。
「僕はね、他には、本当に何もいらないんだ」
交換日記には二人の未来の家庭のイラストを描いてくれた。
私はひとつだけ確信できることがあった。JoeとMarieは世界最高のカップルだと言うこと。
Joeの身体の中を駆け巡る熱い情熱と、沸騰している血液が、私に夢のような未来をもたらしてくれた。

東京のJoeから電話があった。
「ママがまだ早いって言うんだ。でも心配しないで。Marieは僕を信じてくれればいい。任しといてよ」
帰ってきたJoeに会った。
「ママがね、一緒に住むようになっても、入り口は別々にしますからねって、言うんだよ」
ーまだ学生なんだし、結婚なんて話、止めたほうがいいわー
「でも僕は、僕の気持ちを形にして確実なものにしておきたいんだよ」
ーわかったわ。結婚生活がどんなに辛くても、Joeがいてくれれば、私平気よー
「Marie、なんてことを言うんだ。僕はMarieに辛い思いをさせるつもりなんかないよ。二人で幸せになるために結婚するんだよ。僕はそう思うから、結婚を決めたんだよ」

翌年には、どうしても家族に会わせたいというので、二人で上京した。
「婚約するんだ」とJoeは言った。
ーJoe、私なんだか、マノンレスコーの気分だわ。一人息子を誑かした性悪女って見られたら、どうしようー
「僕が選んだ人を僕の両親がそんな目で見るわけなんかないよ。パパはいつも、日本人は金髪に染めても鼻が低いからダメだって言ってるから、Marieを見たら、パパびっくりするだろうなぁ」

私はJoeに連れられて、頭が空っぽのまま、千駄ヶ谷のJoeの家に行った。お母さんと、お姉さんが現れた。お母さんはとてもあがっていて、話もしどろもどろで、手に持っていた私の模様入りの黄色いBagを、しきりに誉めた。
「パパはね、今、千鳥ヶ淵のフェアモント・ホテルでお仕事中。パパに会ってらっしゃいよ。そしてお天気もいいので、ついでに千鳥ヶ淵でボートに乗ってらっしゃいよ」
私は頭を空っぽにして出かけたけれど、お母さんも、お姉さんも、お父さんも、まるで爆弾に会うような混乱した気持ちで、この日に臨んでおられるのだろう。
美術にも文学にも造詣が深くて、元NHK「百万人の英語」講師の、著作も一杯ある、英文学教授の、長身で美男でダンディーな、吉田正俊氏にこれから会うのだ。どんな感じの自分になればいいのか、私も少し戸惑ってきた。

三人でホテルの喫茶室に座って、Joeがまず私を紹介してくれた。日仏で共にフランス語を学ぶ人と言う一言があったせいか、Joeのパパはチラリと私を見た後、その口からは
「Je suis tres heureux de vous voir」とフランス語が飛び出した。
すると私の人格から、どういうわけか、いきなり本物のマノンレスコーが現れて、
「わぁ、カッコいい!」と言うや、蓮っ葉に無教養に、パチパチと手をたたいたのだった。

////////////////////////////

現代詩手帖の最新号は昨年末に97歳で亡くなった作家Julien Gracqの特集号だ。後年Marcel Proustの世界的研究家になったJoeも、京都大学の卒論はたしかこのJulien Gracqだったと記憶している。
Julien Gracq まずはWikipediaから: Julien Gracq :
これは貴重なJulien Gracqのインタビュー : Julien Gracq Daily Motion :

追記:2008?07?08
現代詩手帖7月号には天沢退二郎氏夫人、マリ林(まりりん)氏がJulien Gracq姉弟との長年にわたる交遊録をJulien Gracq追悼文として書いておられた。それで、思い出した。
Joeがある日こう言ったことがある。
Joe「Marie、僕もね、ペンネイムを考えたんだ。梨木類(なしき・るい)、だよ」
聖杯物語で育ったJoeはJulien Gracqの本名をペンネイムにするほど、Gracq風の世界に傾倒していたのだ。
Joe「僕はMarieの騎士だよ」
Joeは完璧な騎士だった。この世に存在する最高の騎士だった。

JOE (1) Falling in love with Joe

Joeの留学の日が近づいてきた。東京でも会っていたが、もう一度京都で会っておきたいと電話があった。

Joeは京阪三条のプラットホームまで迎えに来てくれた。いつものようにJazz喫茶をはしごして、食事してそれから京都の街を歩いた。
「ここが僕の下宿だよ」と言って北白川のお米屋さんの2階を指さした。その時は部屋には上がらなかった。7時半ごろに御所のひとつの門の近くを歩いている時だった。Joeがはっきりとした声で言った。
Joe 「Marie、このあたりで、そろそろキスなど、いかがでしょうか」
Marie 「クックックックッ。何言ってるのよ、Joe、とてもそんな気分になれないわ」
Joeが沈黙した。
Marie 「Joeが変なこと言うから、どっと疲れてきた。もう帰る。タクシーで四条まで行くわ」
Joeがさっと車を止めてくれた
タクシーに乗って窓を、クルクル回して下げた。
Marie 「じゃ、Joe、元気でね」と言って手袋をしたままの手をさし出した。
ボーと突っ立っていたJoeがハッと我に返ったように近づいて来て、やはり手袋をしたままの手をさし出したかに思えたが、電光石火、左手でさっと手袋をはずして素手で私の手を包んだ。
その素早さに私は感動した。人の所作にこれほど感動したのは生まれて初めてだった。素手から伝わってくる想いは勿論感じたが、何より私はマナーに感動したのだ。この人は、こういう感動をこれからも私に与えてくれる唯一の人かもしれない。

最初の出会いで「もう一人の自分」だと感じたJoeに、特別の想いがあったことは事実だが、私より若くて、学問の世界で生きていくJoeを、私の毒気にさらして、将来を曇らせてはいけないと感じていた。
Joeといると楽しかったし、Joeといる時の自分が一番輝いていて好きだった。好きとはそういうことかもしれない。ただ、自分よりも年若い男性を恋人の範疇に入れる趣味も、つもりも私には全くなかった。

Joeが日本を去っても、私には男友達がたくさんいた。Joeがいなくなった分、男友達の数はずっと増えるだろうと思っていた。なのに、2週間も経たないうちに、私は不在が喚起する強い愛に目覚めたのだった。

一方Joeは、キスを拒絶され、逃げるようにタクシーでその場を去ってゆく私を見て、「これで完全に失恋した」と深く深く思い込んだのだった。

クリスマスイルミネイションに輝く三越前で

西天満の貿易会社ではなく、それ以前の道修町の園芸会社にいる時だ。この会社はT薬品の子会社で、知人のHT氏が社長で、一応一通りの試験はあったが、入社は初めから約束されていた。
ある日そこへGribouilleから電話がかかってきた。
「明日Kが仕事で大阪に行く。Bruxellesちゃんに会いたいと言っている」

北浜の三越はクリスマスセールの真っ最中で光輝いていた。
6時の約束だったが、ギリギリで、走って行ったら、向こうから、300メートルも向こうから、Kが右手を上げて私の名を呼びながら走ってきた。
「Bruxellesちゃーん」「K?」
走りながら、なんてドラマチックなシーンなんだろうと思った。Kと1対1で会うのは勿論初めてだ。長身のKは女優のようだった。
キタのJOJOやミナミの絨毯バー「街」等、お気に入りの店を案内した。
気がつくと新幹線の最終時間を少し過ぎてしまっていた。

友達の酒田さんの職場、中津の東洋ホテルに案内した。
「シングル」と言おうとしたら、横から中央に来たKが「ダブル」と言った。そして「いいでしょ」と私に小声で言った。
結局ダブルはなくツインの部屋のキーをKが受け取った。
二人してバーで少し時間をつぶして、部屋に入り二つのベッドをくっつけた。
「これで、ダブルね」

以前Kがしみじみした口調で「私はBruxellesちゃんとだったら、年取っておばあさんになっても、どこかの縁側でお茶でも飲みながら、昔話できるような関係でいられると思う」と言った。それを親友の姫神さんに話したら「Bruxellesちゃん、それって素敵ね。Kって、Bruxellesちゃんのことを全部受け入れてくれているのね。ありのままに」と言ったので、Kの上の言葉は記憶に強く残っていた。

今夜はKからGribouilleの話をいろいろ聞けるかもしれない。
「Bruxellesちゃん、ひょっとしてGのこと、好きなんじゃないの。Gとこうしてひとつのベッドに寝たことがあるんじゃないの?」
ギクッ!!Gの話をKから聞くのではなく、私がするの?
B「なぜ、そんな風に考えるの?」
K「どうして知り合ったの?どういう関係だったの?言いたくないなら言わなくてもいい。私にはわかるもの」
B「・・・・・・」
K「こういう風なことはした?」
B「!!!・・・・!!!」
K「ホラ、嫌がっている。私が嫌いなの?」
B「そ、そんなわけでは無いけれど」
K「けれど、BruxellesちゃんはGを決して裏切れないのね」
B「べ、別に、そんなわけでもないんだけれど」
う?ん。覚悟を決めたほうがいいかもしれない。でもKと二人して、Gを裏切るなんて、そんな馬鹿なことができる訳が無い。
K「私はBruxellesちゃんの顔を見るために会いたいと思ったわけじゃない。あなたたちのこと、そしてあなたのことをもっと深く知りたいのよ」
B「!!!・・・!!!」
K「あれっ。Bruxellesちゃん、男の人じゃないとダメなの?」
B「そそ、別にそんなわけではないんですけれど」
K「どうしたの?Bruxellesちゃん!」
B「K,K,ちょっとタイム。吐き気がしてきた!」
K「えぇっ!!」
B「多分食あたりだと思う」

どうしよう。どうしよう。どうすれば、Kも自分も傷つくことなく、苦しむことなく、明日と言う日を迎えることができるのだろうか。

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。