PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんがやられてる!

ゴムまりでワンバン野球をしていた時だと思う。何かが原因でアッと言う間にケンカが始まった。貴広ちゃんが兄の胸倉を締め上げて家の外壁に押し付けた。弟のT坊が兄の利き腕を両手で押さえつける。
「お兄ちゃんに何するねん」
私はT坊に後ろからくらいついて引き離そうと引っ張る。正孝ちゃんがそんな私を捕まえてさらに後ろから引っ張る。振りほどいてT坊の腕を払いにいく。正孝ちゃんが今度は私を突き飛ばす。私、倒れる。
「Bruxelles逃げろ」と兄が叫ぶ。
家の中に駆け上がって台所に向かって叫ぶ。
「お兄ちゃんがやられている!」
母は平気な顔をして驚きもしない。そのことに私はさらに驚いて、母のスカートの裾を引っ張って、よいしょよいしょと玄関の外まで連れ出した。
まだ喘息の発作が酷くなる前の幼稚園くらいの思い出だ。
F家の兄弟は皆生まれながらの金髪がかった茶髪、特に貴広ちゃんは運動神経が抜群で、きっとプロ野球選手になるだろうと近所で評判の子だった。
兄と貴広ちゃんは中、高と別々のところにそれぞれ越境入学したので、次第に接することもなくなった。T坊と私は、高校生になって、偶然クラスメートとして再会した。

F家はT坊と私が高校を卒業した直後に引越ししていった。
私は窓を少し開けて、T坊が荷物を運ぶのをじっと見ていた。
小さな天草と外で遊んでいると、いきなりT坊が「バアッ」と言って窓から顔を出したことがあった。T坊のバンドで私がヴォーカルをやったこともあった。
感傷的な気持ちになって、それでも「さよなら」を言いに出て行けなかった。
トラックのエンジン音が聞こえた。
その瞬間兄が立ち上がり、本棚から一冊の本を抜き取り、家を飛び出していった。私が後を追うと、黙って貴広ちゃんにその本を差し出していた。本棚をみると兄の愛読書エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」がなくなっていた。
参照:「そのほかの日々
//////////////////

   GILBERT BECAUD 「L'important C'est La Rose」
スポンサーサイト

高校2年生

N「Bruxellesさん、田中先輩と親しいの?さっき図書室で話してたでしょう。ねぇ、田中先輩、素敵でしょう?」
B「えェ?ああ、あの人?素敵とか別に思ったことないけど。知ってるの?」
N「クラブの・・」 B「あぁ、コーラス部のね・・」
N「憧れてるのよ。ああして親しく話してみたいわ。羨ましい」
B「電車で朝一緒になるから。話はするけど、別に親しいわけじゃない」

さっき図書室にいたら、後ろから近づいてきて「だ?れだ」と目隠しする人がいた。見当もつかない。「全然わからない。降参」そう言って後ろを見たら、田中先輩だった。後ろに立って両手を私の肩に乗せて、突然小声で耳打ちする。

T「Bruxellesさん、阪大に進学して」
B「ええェ、どうしたんですか」
T「神戸女学院、神戸女学院の方がいいかも」
B「それより、田中先輩は?」
T「親に反対されて、就職することになったの」
B「そうですか。神戸女学院に行きたかったんですか?」

神戸女学院だったらコネがあるから、行けるかもしれないけど、うちは母子家庭だから、お嬢様大学は絶対無理。
T「じゃ、やっぱり阪大」
そこへ田中先輩の友達がやってきて二人でそのまま去っていった。「Bruxellesさんだったら行ける。だから行ってね、約束よ」って言い残して。
B「約束よって、一方的すぎますよ」

女には学問は不要だと考えている親は多かった。その数年後に全国の大学で「女子大生亡国論」なるものが闊歩したくらいだった。「親に反対されて・・」田中先輩の声はたくさんの女性たちの声であり気持ちであった。その気持ちを集約させて、私の両手に置いて、彼女は去っていった。

2年生になって、進学どころか、私は高校さへ止めたいと真剣に思っていた。
遅刻して行って、遅刻の理由を聞かれ、よくは覚えてないのだが「授業がつまらない」と言ったらしい。早速担任に呼ばれた。教師に対してそんな失礼なことを言った覚えはないのだけれど。(思ってはいた)

理由はともあれ、私は最近の登校拒否や引きこもりの人たちの気持ちはよくわかる。
子供には将来の自分にとって何がプラスになり何がマイナスになるか、本能的にわかってしまうのだ。

現行のシステムを抜本的に改革し、機会均等,敗者復活も含め、今よりもはるかに多くの選択肢を用意すべきではないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

  FREHEL  「La Java Bleue」

«  | HOME |  »

2006-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。