PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短い訂正と追記 (1)

死にたくない思いが強くなってくるのに比例して、怯えや不安でガチガチになってきた。立ち上がって戦うしかない。けど、どうして、どのように? そのせいか最近狂ったように癌に関する本ばかり読んでいる。昨年も情報はかなり集めたが、まともに本を読む時間的精神的余裕が全く無かった。頭は常に「死への旅立ち」に関する想いで一杯で、書物を読んで全体を理解する隙間がなかったのだ。
昨日から「癌に関する本」から「卵巣癌に関する本」にようやく移行できた。医学書を読まないで、メモを頼りに素人が思い出しながら書いた、前回の記事の中の間違いに早速気づいたので訂正し、若干の情報を追加しておく。
組織系は組織型の生体検査は病理診断の間違いでした。訂正してお詫びします。
追加は第3期のCについて。
3期とは=腫瘍が骨盤を超えていたり、後腹膜や鼠径部のリンパ節に転移している。組織を調べたときに小腸や大網、肝臓にがん細胞がみられる。
3期のCとは=直径2センチを超える癌が腹腔に見つかるか、リンパ節に転移している。
ついでにそれより酷い4期とはどんなものかというと=腫瘍が遠隔転移している。となっている。

また前ペイジに、S病院の初診で、子宮体癌の細胞診をしたように書いているが、あれは婦人科一般の内診、即ち双合診と膣鏡診だと思えてきた。どの段階でか忘れたが、直腸診も受けたのを思い出した。これも訂正してお詫びします。

最後に誰にとっても重要だと思われるので「子宮・卵巣がんと告げられたとき」 (岩波書店)の小見出し「抗がん剤が効く、とは?」から2行ほど引用しておきたい。
○この抗がん剤の奏効率は20%です、というのは腫瘍の一時的な縮小効果であって、残念ながら「この抗がん剤で治療したときに癌が治る可能性が20%」ということではありません。腫瘍が小さくなることは、癌が治ることではないのです。
○繰り返しになりますが、「抗がん剤が効く」ということは「腫瘍を小さくする」効果があるということです。癌の完治や「生存期間を延長させる」ような効果を意味しているわけではないと言う点は押さえておく必要があるでしょう。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2015-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。