PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Robert un Berge (中編)

Joeが企画して私を招待してくれた日仏学館のクリスマス・パーティー。Joeとステイジで踊りまくって皆から拍手をもらい、急速に親しくなったあの同じパーティーで、実はRobertとも出会ったのだった。
Robertは「2メートル」というニックネイムのベルギー人の大男で手も足も顔も何もかも大きかった。金髪で奥まった目には哀愁と誠実さと傷つきやすさがミックスされていた。外では黒マントを着ている。
Robertの黒マントの中に入って身を寄せると、小さな私は完全にRobertの一部になってしまう。Robertのマントの中にいると、ああ、もう東京に、Gに会いに行かなくてもいいかもしれないと、思えたのだった。
Gに会いに行くのは傷つくためだ。傷ついてGに会いたくなくなるために何度も上京していた。それが無駄だと知ると、今度はGを傷つけるためにGに会いに行くようになった。Gに完全に嫌われるために。

Robertをじっと見た。何の違和感も無かった。強烈な磁力だけを感じ
た。Robertとなら同じ空気が吸える。それにGから遠ざかることもできる。大阪や京都で何度もRobertと会った。
ある日Robertに上京する用事ができた。
RobertにはGがどう見えるのだろう、GにはRobertがどう見えるのだろう。私は「友人に会ってきてほしい」と言ってRobertにGの住所を渡した。

Robertは上高田のGの家まで出向いてGに会ってきてくれた。
「どう思った?」と聞くと、Robertは顔をしかめて首を横に振った。
何か嫌な思いをしたのだろう。
私は二人の出会いにどんな結果を望んでいたのだろうか?
ベルギー人のRobertの部屋には大きなルネ・マグリットの画集があった。画家のGとマグリットの話でもして友達になってくれることを、ひょっとして望んでいたのだろうか。失敗だった。
単にGを驚かせただけだったのかもしれない。

次にGに会った時、さりげなく聞いてみた。
「私の友達が会いに来なかった?」
Gribouille「そう。来たよ。道に迷って電話してきた。お酒屋さんの角を曲がって、って説明したら『お魚屋さんの角を曲がったけれど、またわからなくなった』って電話があって」
これがGの言ったことのすべてだった。
Gはやって来たRobertを一目見て、私の心身にどんな変化が起ころうとしているか、おそらく瞬時にすべてを直感したのだと思う。

////////////////
クリスマス・パーティーから一年すこし後(?)Joeが日仏学館の留学生試験に合格して、それから家の援助も獲得して、半年ほどヨーロッパ遊学をすることになった。
早速第一報の手紙が来た。

「現地に来て学生会館に落ち着きました。まず1,2ヶ月ほどはみっちり勉強です。こちらに来る飛行機の中で思わぬ人と隣席になり吃驚しました。誰だと思う?休暇で実家に帰るRobertです。この先僕に何が待っているのか。一週間後に第二便を出します。楽しみにしていてね。
Je pense a toi. Ton Joe」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。