PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫神さんへの手紙 (6)

○手紙有難う。文京の方、校正するの、そんなにイヤ?そんなに?実はブリュッセルの友達が貿易会社の仕事口見つけてくれそうなので、近日中にウイかノンを言わなくっちゃ。

○もしね、もし文京の四城シリーズ(これも単独でなく芦原修二とカップリングだと思うのです)が出て、潮流社の連載が決まったら、・・・その時は、私の青春のためにではなく、それにピリオドをうって、今度は職業としてストーリー・テラーになるつもり。そして自分自身のためには・・(略)。これからは、ジャーナリストとしての眼をもった作品を書きたい。

○小川氏の手紙転送有難う。やっと嬉しくなってきた。だって、この件でもガックリきてたんだから。でももうすぐね。出たら、知らせてね。一体どんな本なんでしょうか?

○あの本が出た夢を見た。出るな・・という気がしたけど、よけい無理に期待を殺してきた。

○とにもかくにもあと少しで(あの本)が出るんだから嬉しいです。文庫本に入るみたいね。あの社会思想社の現代教養文庫に入るなんて光栄。でも小説として出るのか、手記として出るのか、どっちだろうか?これに加えてもしあの四城シリーズが出たら、あとは何とか、なんとか頑張ったら、やり方次第で、なんとかなるかもね。

○W法律事務所の上田さんと言う人に、10月末出版予定の中の(1)が私の本だと、伝えて下さい。彼女に調べてもらったんだけど、タイトルは「1945年を軸としてー昭和史の記録?」(仮題)だそうです。出たら、すぐに知らせてね。

○新刊の単行本じゃなくて、少しがっかりだったけど、あなたの言うように単行本だったら、数ヶ月で書店から消える。でも文庫本だったら、何年も何年も書店に行けばそこで手にとることが出来る。これって、凄いよね。それに社会思想社の教養文庫なら、どこの書店にもある!

●出るのか出ないのか、出るとしたらどの出版社からか、またどういう形になるのか、全く分からなかった。著者不在で、結局あれよあれよと言う間に著者校正のないまま出版された。作品は四城シリーズの中から一編。しかも昭和史の記録として、つまり社会性のある記録作品として、全三冊のシリーズの一冊に収録されるという形になった。私としては純文学のつもりで、イデオロギー性は全くないと思っていたので、とても意外だった。私の作品のタイトルは「帰ろう愛の天使たち」サブタイトルは「または無音のシラブルの意思について」、サブタイトルからも分かるように、三分の一は言語に関する哲学的考察である。ストーリーのメインは堕天使たちの悲恋のお話。残りの三分の一は、昭和42年あたりから昭和46年辺りまでの時代背景。つまりあの’68の青春記録である。今読めば確かに確たる政治的視点がある。詩を書き、創作し文学仲間と交わりながらも、学生時代政治クラブに身を置いていた。姿勢は一貫して揺らぐことはなかったが、時代の流れや文学仲間達と完全に逆流していた。時代は私にとっては押し寄せてくる大波であった。実際匿名の者達から脅迫状や刃物を受け取ったこともある。大波を被り息も絶え絶えの政治的立場でありながら、確かに怯える時もあったが、政治的・思想的視点が揺らぐことはなかった。文学仲間においては黒羊である。黒羊は決して表立って登場できないマイナーな思想者であったが、それなりに時代を政治的・思想的に切りとる眼は持っていたのだ。編集の小川氏がそこに着眼され、あの作品を昭和史の証言のなかに、社会思想史の中に押し込んでくださったことを、今は実感を持って感謝している。昔の自分を思い出したように、私は今、ある政治サイトを運営している。昔と視点は決してぶれてはいない。人生の半ばをかなりすぎてから、自分の中の社会思想性に再び出合ったのだ。文学からは大きく遠ざかってしまった。政治的・思想的視点は、相変わらず大波を被り溺死寸前のマイナーな黒羊である。

●時にはマグリットの森のようにも見えるヴァンセンヌの森に面した豪邸の屋根裏部屋で、私は自書を手にした。姫神さんが送ってきてくれたのだった。嬉しくてParisの友達の陽子さんに見せたら「Bruxellesさん、これBruxellesさんが、誰かに書いてもらったんだ。絶対そう。あなたが書いたんじゃない。絶対」と言われた。どうしたわけか、私は詩や小説を書いたり、政治を語ったり、哲学したり、思索したりするような(タイプ)には(絶対)に見えない(タイプ)なのだ。それでむしろよかったと思っている。プロであろうとなかろうと、女性にとってそれはあくまでも内的趣味であり、外的評価には決してなりえないからだ。

●残念なことに、バブルがはじけて出版不況が来た頃に、社会思想社は倒産した。せっかくの現代教養文庫も今では書店で見ることもない、過去になってしまった。いずれその名も人々に忘れ去られてしまうだろう。

・・・・・追記:2010年6月6日・・・・・
●水彩画の裏を見ると、定期的に喘息の薬を姫神さんに送ってもらっている。エフェドリンが入った頓服用である。Parisの気候は、特に湿度の低さは、身体には快適で特に害にはならなかったのだが、食べすぎが一番呼吸困難を誘発したようだ。食べ過ぎて動けなくなるのだ。食道楽の大阪から来て、こう言うのも変な話だが、Parisは貧しいものにも、食の重要さを教える。貧しくてもコース料理を覚えてしまうのだ。ただ、今から考えると、毎回なんらかの食物アレルギーを起こしていたのかもしれないが。身体は太りはしないが西洋人風に「がっちりしてきた」と日記に記している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays.blog8.fc2.com/tb.php/140-b3e6cb5f

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。