PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌性腹膜炎

4月の初め町医者に行く決心をするまえから、今度は死ぬ、という予感があった。だから「死にたくない」「死にたくない」と何度か口から言葉が漏れた。町医者に放射線科の専門病院で腹部のCTをとってきてください、といわれた。「ここで検査していただきたいのですが」「ここではできません」
勧められたところは以前にいった経験があり、すごく印象が悪かった。二度といきたくないと思った記憶がある。そんなに遠いところではない。結局行けと言われれば、行かざるを得ない。
今度は印象がいい。順番も異様に長く待たなくてもいい。いたわって接してくれる。医者も若くてハンサムで信頼できそうだった。しかしfilmをみて何も言わない。私から質問した。
「先生、癌だとしたら、どこの癌ですか?」「卵巣の辺りに...」
初めて癌だと知ったこの日は4月4日、だったように記憶する。町医者が翌日休診。その日は家で休養をとることにした。さあ、どうしよう。あれやこれやいろんな場面を想定して準備しなければならない。目が覚めて放射線科の報告書を思い出した。中を開けてみてみよう。「癌性腹膜炎 卵巣癌第3期

癌性腹膜炎。初めて聞く。しばらくしてからネットで調べてみた。余命3ヶ月から1年。「長くはないから早くお見舞いに行ったほうがいい」「死が近い」イメージとしてはベッドに痩せて臥して今にも死にそうな患者。
「卵巣癌?取ったらいいんじゃないの」「腹水?抜けばいいんじゃないの」誰でもその程度の認識しかないので、余命云々といっても誰も信じない。私自身も。
最近、腹水が溜まれば癌も末期だ、という意味がようやくわかってきた。

九州のBARABARAさんが「がん治療革命ー未来への提言」という先進医療の本を送ってくださった。未来の治療はこうなるだろうという明るい見通しが提言されている。決してあきらめないで「生きること」しかし、その先進医療の希望の本の中でさえ、癌性腹膜炎は「難治癌治療の最後の難関」として取り上げられている。完治困難となっている。腹膜にがんが広がれば、腸管や胆管、尿管といった管の臓器が狭くなり、それぞれ、腸閉塞、封鎖性黄疸、水腎症という状態を引き起こし、患者さんの生活の質が落ち、ひいては生命の危機にもつながります、とある。あまり内容的には実感理解できなかった。「そうなの?」という感じである。

・・・・・・
5月1日に、今後の手術、抗がん剤治療がほぼ決定した。最初は検査のための手術。そのあとで、本格的手術があるはずなのだが、それに関して医者は何も言わなかった。すぐ前のエントリーにも書いたが、今の心配はパンパンに膨れ上がったお腹、手術の日までなんとか持たせることができるかどうか、一番悩んでいる。市大病院に行ってそこからまたさらにどこへ行くのかが、わからないので、そこで一泊手術といわれても、考えただけでへとへとだ。しかしあまり我慢しすぎると気絶したり倒れたりするらしい。実際排尿排便のあと紙で拭くのが困難になってきた。方向を変えて工夫しているが、相撲取りの状況だ。(付け人でもいたら拭いてもらいたい)それくらい膨らんできた。
尿が出にくい。試験管に1センチも一回にでない。膀胱が圧迫され尿管もつまりかけているのだろう。腎臓の機能もそのうち不全になる。心臓もすい臓も脾臓も肝臓も腎臓も圧迫されて、さらに肺にも水が溜まっているので、いずれ全機能不全になる。胃も圧迫されているので、食欲を完全に忘れている。管を通して尿を排泄という手もあるが、ベッドに縛り付けられたままになる。動作が遅いので、外出すると踏み切りで転倒する可能性もある。呼吸不全のために、酸欠で目を剥くかもしれない。腸が働かないと、栄養の吸収ができない。下剤をかければ、なんとか排水できるが、知らぬ間に脱水症になる可能性もある。一番最初の血液検査のときに、脱水症の症状を指摘された。それに体力をつけるためにがんばって食べても栄養分のほとんどは、腹水に取られてしまうらしい。腹水には養分が一杯だから、そもそも腹膜穿刺は、非常に体力を消耗するらしい。物の本によると、がん細胞をフィルターにかけて取り除き、また養分一杯の水はお腹の中に戻すのだそうだ。この辺の意味はまるでわからない。最新方法らしいが、これでは腹水の量は減らないではないか?腹水を取り除いてもすぐに元に戻るので、これはそもそも応急処置であって、治療とはいえない。それでも死ぬよりはましだから、何度も腹膜穿刺を繰り返す人もいるらしい。ここまで来ると単なる延命だ。そう、生きてはいるが日々衰弱するしかない。ありとあらゆる内臓の病気の症状が現れてくる。いまのところ体重は5キロしか減っていないが、10キロ減るのはこの調子だと時間の問題だ。そのころに手術だ。手術で卵巣癌の生体を取り出し、組織系の分類の作業に入るらしい。そこで、そのあとで抗がん剤投与が開始される。衰弱の上に手術、抗がん剤投与、生き残れるのはプロレスラーくらいしかいないだろう。要するに腹水のための衰弱、これがすべての原因だ。経験を通して、最近、腹水が溜まれば癌も末期だ、という意味がようやくわかってきた。「がん治療革命ー未来への提言」という先進医療の本にまで、癌性腹膜炎は「難治癌治療の最後の難関」と書かれている意味もわかってきた。物事には100%はないので、必ず死ぬとは限らないが、すでに死神の顔が見える。それは衰弱しきった自分自身の顔かもしれない。

悔いもなく怨みもなくて行く黄泉
(とりあえず)他人様の辞世の句をお借りして


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays.blog8.fc2.com/tb.php/161-ae7ff47f

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。