PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術に辿り着けない

4月初めから始まった様々な検査はひととおり終わった。5月1日ようやく執刀医とお目にかかった。「厳しい手術になる」と言われた。5月7日手術前検査。5月9日、入院手術待機者名簿に登録。そこまできていたのだが。
5月8日の朝から喘息の発作が出た。パンパンで苦しい上、胸水まである、その上に喘息の発作だ。苦しくて仕方がない。休み休み、普段の4倍くらいスローにしか歩けない。15分かかるところなら一時間だ。歩けたらまだましで、タクシーに頼るしかない。頭の中にあるのは思考の領域でなく苦痛の苦しみの領域のみだ。顔はつねにゆがんでいる。
入院前外来というのがあって、9日そこへ行ったのだが、「その状態では登録は無理。肺活量の測定ができない」と言われた。あと血栓症も手術前検査で引っかかっていたらしく「こちらもこのままでは全身麻酔の手術には耐えられない。死の危険が極めて高い」と。
「とにかくまずは喘息治療。近くの病院で治療してきてください」「ここの呼吸器内科で治療していただけませんか?」予約が取れない、ということだった。早急に苦しさを軽減しないことには、このままの状態ではいつになっても手術はできない。
家に帰り一番近い診療所に行く。断られた。その代わりそこの紹介で別の呼吸器内科へ、タクシーで行く。もう死にそうに苦しい。事情を話し点滴を受けお薬も出た。めでたしめでたしの筈なのだが、治療が合わないのか点滴も薬もほとんど効かない。従って喘息は止まらない。喘息のときはいつもそうだが、食事は全くできない。考えてみれば、喘息の発作が出る前からパンパンお腹や胸水で相当苦しかった。どうなるのだろう、私の手術。手術も事前に説明されたが治療のための手術でなく、組織系識別のため、どんな抗がん剤治療をするかを決定するための治療前手術だ。その全身麻酔に耐えられなくて死亡となれば、結局本当の手術までは辿り着けない。今でさえ食べられない出せないで、衰弱している。一回目の治療前手術まで、あるいはそのあとの抗がん剤治療まで持たないだろう。もたもたしていては治療がどんどん遠のいていく。お腹はどんどん膨れ上がっていく。そもそもこのお腹さえ現代医学ではへこませる事ができない。何度も言うが癌性腹膜炎恐るべし。「がん治療革命」の中でさえ、未来の最先端においてさえ「癌性腹膜炎は完治不能」とある。
それでも希望を捨てずあれこれ戦っていくつもりだけれど5月末6月の初めまで、自分が自分であり続けていれるかどうか、心もとない。余命3ヶ月から一年だが、その一年は地獄だろう。3ヶ月なら今月か来月だ。思考が混乱して、現実に負けているような気がする。とても苦しいからだ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TEL QUEL JAPONを拝見しました

TEL QUEL JAPONの更新があり、どれほど安堵したことか、言葉で表現できません。すぐ神社に御参りに行きました。私のような見ず知らずの他人が余計なお世話で申し訳ないですが、万が一、病院以外でお一人のときに何かあってはと、胸が締め付けられていました。

記事の救済、そのような状態で先のことまでさすが、と、脱帽です。

入院される日が決まったということでしょうか。
病院ではネットやメールができないかも知れませんが、もし何か御不便なことが、私にできることがあれば、どんなに小さなことでも飛んで行きますので、水1本でもお申し付け下さい。こんなことを書いて御迷惑だったらすみません。

TEL QUEL JAPONは素晴らしい作品です。もちろん他のブログも、かけがえのない宝物です。私はずっと忘れません。

貴女の存在は、いつもいつまでも輝いています。

感謝を込めて…

あれよあれよという間に

蛟龍 さま
優しいお気持ち、心のこもった励まし、大変ありがとうございます。
4月初めから、市大病院での検査や他病院での検査がはじまり、そのころは通院していたのですが、入院の日が決まるという日に、体力の限界が来て、結局、他病院で腹水を抜いたり、肺炎のための入院をしたり、ずっと危機的状況でした。そのあと、急展開して、市大病院から呼び出しがあり、入院、手術、抗がん剤の投与などなど、そして今は半ば強制的に退院させられてきたところです。今月末の呼び出しがあれば、再入院、そして抗がん剤投与です。完治の可能性は考えないように、常に死を頭の中から外さないように、と申し渡されています。はっきり言って、一寸先は闇、の状態なので、コメントに対する返事もかけませんでした。PCの前に座る気力は、退院後4日目あたりから少しずつ出てきましたが、荷解きが完全に終わる前に、次の入院の連絡が来そうです。またあわてて取るものもとりあえずの入院となりそうです。
どれだけ西洋医学に喰らいついていけるか、「もはやここまで、お引取りください」といわれないように、抗がん剤の副作用に耐え、少しでも体力や免疫力の回復に挑戦すること、それだけが今の私の考えるべきこと、考えうることのすべてです。あなたにも、自分自身にも何の約束もできません。
もしあなたにサイトやブログがあれば、できる間に訪問したいと思っています。あれば教えてくださいね。
いつも励まし、ありがとうございます。

猛暑です

大変なときに、わざわざお返事ありがとうございます。

御存知かも知れませんが、このようなサイトを見つけました。
http://www.geocities.jp/kaniechiro/canser.html

良い状態に向かわれることを信じています。

蛟龍 さま

再入院が近づいてきて、ピリピリしてきました。
コメントありがとうございます。
代替療法に関しては、初めからいろいろ調べていて、現実的にいずれそこに頼るしかないと考えています。人にも頼んで情報収集していますが、それを読みこなしたり、選択したりする、体力と余裕がなく、目を通していないもの、実践していないものが大半です。残りの日々が数えられるくらいになると、考えねばならないことが多すぎて、結局は独立した日常生活さえ、取り戻せて
いない現実があります。
でもね、何が嬉しいといって、こういう情報が一番嬉しいのです。「むざむざと死なせたくない」というあなたのお気持ちが良く伝わってきて、それを知る喜びが、私の今の生きる喜びに繋がっていく、本当にありがとうございます。

追記:8月26日
蛟龍 さま, せめて一度あなたのお声が聞きたいのですが。

治ると思います

完治ではないにしろ、「末期ガン 治った」と検索すると、けっこう出てきます。書籍は商用ですのであまり信用できませんが、個人の日記みたいなブログなど、要は、西洋医学でなく、治った(入院せず生活している)人が意外と多いということです。
貴女は誰よりも強い精神力を御持ちで、普通の人が勝てるものなら、貴女が勝てないはずがありません。
時間はかかるにしても、私は信じてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気休めかも知れませんが…

楽天のレビュー等を見て、少しは身体が楽になるのでは…?と思った物です。
http://www.venex-j.co.jp/
リカバリーウェアなるものがあるとは知りませんでした。
「ベネクス」で検索すると出てきます。

初めまして

初めまして。ブログが続いていたのでほっとしました。 私は2007年ごろから年に2~3回、「そのほかの日々」を拝見していました。理由は、「吉田城」を検索してたどり着いたからです。私は、東大大学院時代の彼と知り合いでした。2005年、新聞の訃報で彼の死を知った時は本当にショックでした。
それから2,3年たって、ネット検索中に「そのほかの日々」を見つけました。
衝撃でした。でも追跡せずにはいられませんでした。
今年の5月、久しぶりに訪ねてみると、大変なことになっていたので驚きました。 現在はいかがなのでしょうか。少しでも良くなられていることを、願わずにはいられません。  私は、多分、近くに住んでいないので、実際には何の力にもなれませんが、私も蛟龍さんと同じ気持ちです。どうか良くなりますように。祈っています。

ruru-mina様へ

何よりJoeを通じて、年月と場所を越えて、こうしてruru-mina様と繋がることができた、まずこの奇跡に感謝です。そしてruru-mina様もまた、私の回復をお祈りしてくださっていること、感激です。祈りは通じるもの、そして一念は天をも動かすと固く信じております。否、人から愛をくみ出し、祈りを具現化する「言葉の魔力の優の側面」を、ひたすら信じたいと思っています。お優しいお気持ち大変ありがとうございます。

感激です

返信をいただけると思っていなかったので、驚き、感激しています。「奇跡」とまで言ってくださり、月並みな表現しかできませんが、本当にうれしいです。
思い切ってコメントを送信してよかった・・・と安堵しました。
季節の変わり目ですね、どうぞお身体お大事になさってください。
お返事をありがとうございました。

ruru-mina様へ

ruru-mina様へ
今日偶然見つけました。最近は考える暇が無く、とっくに忘れていました。

彼がお父さまからもらったビアズレーを私がもらったもの
http://blog.goo.ne.jp/laiglenoirjp/e/58ee10dc477cee37d2ed8be3f6b828d9

三人で会ったときにどうやらスーパー・レアリズムの話をしたらしい
http://blog.goo.ne.jp/laiglenoirjp/e/b9f7260c8e80ec7ca1385f9ff2dd0be0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays.blog8.fc2.com/tb.php/162-1c85c07d

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。