PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピスという希望 佐藤健 著

がん治療を専門としている医師は、抗がん剤の治療で癌が治るものではないことを知っています。抗がん剤は効果があれば腫瘍が小さくなると言うことで、それによって延命に繋がることもあれば、たとえ効いても延命に繋がらないこともあります。画像上わからなくなるほど効いたと言うことは稀にあっても、がん細胞がゼロになったと言えることは皆無なのです。
(「ホスピスと言う希望」 P.112 佐藤健 著)
これに関しては、何度か書いてきた。私の執刀医も「癌がひろがりすぎていて、ほとんど取り除くことが出来ませんでした」「これからは抗がん剤治療にはいります」「抗がん剤で、病気が治ることはありません。常に死を頭の隅に置いて考えてください」「抗がん剤はやっている時しか効きません。(副作用に耐えられなくて、やめたら再発するということ)」「抗がん剤が効いても、治ることはありません」「抗がん剤をすれば、数ヶ月の延命の可能性は出てきます」「効いた場合は延命の可能性がでてくる場合もある、と言うことです」言葉も意味もわかるのだが、やはり「嘘だろう」という漠然とした気持ちがあったように思う。昨夜久しぶりに三番街の紀伊国屋に立ち寄って、この本を買って、ここまで読んで、ここで立ち止まり、今ようやくダイレクトに主治医の言葉が、差し迫ってきた次第である。すでに頭では充分理解していたが、また理解していたがゆえに、抗がん剤治療を途中で打ち切らせていただいたのではあるが、今回このP.112を読むまでは、そこを深く考えることをしなかったように思う。それこそが、がん患者にとってホスピスが必要なその理由である、こともわかった。
初めから「ホスピス、ホスピス」と言っていたわりには、ホスピスに関する知識もほとんど無かった。出来るだけ苦痛を軽減してあの世に旅立たせてくれる施設、のように認識していた。
今回この本を読んで、ホスピスの3つの入院(P.43~P.58)があることを知った。
1.最初の病症コントロールのための入院
2.休息の入院 レスパイトケアの入院
3.お別れの時が来るまでの入院 見取りの時
つまり、3の「見取りのための入院」しか知らなかったことがわかった。

まだ3分の1も読んでいない。読んでから続きを書いていくつもりである。
「ホスピスという希望」と言うタイトルの意味も少しわかりかけてきたが、その希望は裏返せば「癌医療の絶望」との対になっていることがわかってきた。ひとは皆いずれ死ぬのであるから、「希望」という対の存在はありがたい。単に心理的な宗教的な心のケアーだけではなく、苦痛緩和、という役割の重みに期待し、安らかな旅立ちを「希望」したい。
ただしこの本に出てくるホスピスは「国立病院機構豊橋医療センター」のことであり、執筆者はそこの緩和ケアー部長である佐藤健氏である。すべてのホスピスがここまで理想を追求できているか否かは、勿論断定できない。

追記:2015年7月24日
後半はこの医師のこれまで、そして国立病院機構豊橋医療センターの誕生過程などに、内容が移っていく。どのような医療理念のもとにホスピスの存在があるのかがよくわかる。ただ前半ほどには患者がみえない。それにみんながみんなこのような先端理念のホスピスにたどり着けるわけではない。団塊の世代は、死ぬ時も「おしくらまんじゅう」なのが現状なのだろう。
一番心に残ったのはP.354のこの一行だ。
「ホスピスは患者さん自身の人生の自己決定を支えるところです。」
そんなホスピスに出会えたら、今まで生きてきたすべてに対して最高のご褒美になるだろう。患者が最後に望むことは、まさにその「支え」だと思う。自己決定を尊重してもらい、しかもそれを支えてもらえる、患者にとってはそれはすでに天国への入り口のように見えるはずだ。感謝と希望を持ってこの世を去ることが出来れば、患者は最高の「さよなら」ができる。どうか、ありえることであって欲しい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays.blog8.fc2.com/tb.php/167-46e334f3

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。