PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトバーン(1)

アウトバーン(1) 2004年6月24日 (Thu) 18:37:19

ドイツ人の顔を見ていると何故か信頼できると感じてしまう。フランスで盗難という目にあったせいか。それだけではない筈。日独伊三国同盟の松岡洋祐の気持ちもわかる、と全く気持ちも分からないで考える。夕食後、日本人の中に不気味なおばあさんが居ることに気づいた。「どうしたらそんなに英語が上手に話せるんですか」日本人が魔法使いに聞いている。

フィーリングがピッタリくるアメリカ人と知り合いになれて気分良好「♪パロマブランカ?♪」と歌いながら部屋に入っていくと、寝ていた誰かが言う。「今歌いながら入ってきたのは誰?」「私ですよ?」荷物を片付けながら答える。その人は起き上がり私の方に近づいて来る。あっ、さっきの魔法使いだ。「気に入ったあ。私と一緒に旅行しよう」あまり不気味で声も出ない。「私と一緒に旅行しなさい。ヒッチハイクでミュンヒェンに行く。どうだ?」私は逃げ場をなくして壁に張りついた。首を横に振る。「よし!決まった!」・・決まったって、あんた、有無を言わさず勝手に決められた。ヒッチハイク?一人ではできない。この化け物だったら何でも知っていそうだ。一緒に行くのも悪くないか。フランクフルトはいい町だった。ゲーテ博物館にも行った。ドイツ人に町を案内してもらった。あのアメリカ人の女の人はどうするんだろう。

魔法使いはベテランだった。地図もよく読みこんでいて、右から左に横に読むイスラエル語のガイドブックも持っている。二人で立って手を上げた。さすがアウトバーン、物凄いスピードだ。ビュンビュンビュンビュン。200キロが普通だ。やっと止まってくれた。初めてのヒッチハイク。ブレーキを踏んでもすぐには止まらない。数百メートル先で待ってくれている。少し前ヘドバ&ダビテの「ナオミの夢」というイスラエルの曲が日本でヒットした。この化け物も名前をナオミと言う。「ナオミ、咳するときは、こっち向くのをやめてくれない?」「コニャックがあれば治るんだよ」・・何度か車を乗り継いだ。「ナオミ、話しかけてもいいけど、向こう向いてくれない」「どうして?」「気持ち悪い」「そういう言い方は礼儀に反する。あんたがテルアビブに来たら、向こう向けって言ってやるよ。」「どうぞ」「あんたは人間として正しいことを言っていない」「正しいかどうかじゃなくて、好きか嫌いかの問題だと思うけど」・・・私ってなんてことを言うヤツなんだ。もう!
要所要所で町の見物もする。ナオミはしっかりもので道順も聞いてくれる。「ナオミ、あなたはいつもダンケシェーンを言うとき背を向けてから言っている。ダンケシェーンは相手の目を見て言わなくちゃ」ドイツ人は日本人に好意的で私は祖国に居る気分になってくる。気分は半分ドイツ人。「ナオミ、ユースで日本人がナオミの英語褒めてたけどあなたの英語むちゃくちゃね。ちょっとはましな英語を話してよ」「以前テルアビブに居たころはもっと上手な英語を・・」ナオミは音楽の教師らしい。大きなマンドリンを抱えている。隣に居るのがナオミでなくあの気の合うアメリカ人だったら。・・それにしてもなぜこんなにいやなんだろう。   (続く)
/////////////////////////////////////////

「Chanson Pour Pierrot」 RENAUD

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays.blog8.fc2.com/tb.php/38-bf813576

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。