PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ーこの抽象的なるものの中で(3)

人間ーこの抽象的なるものの中で(3) 2004年7月8日 (Thu) 15:07:42

Ryookoがどこからかたこ焼きを買ってきた。「Bruxellesも食べる?」近づいていって口を開ける。「ハーイ」Ryookoが口に入れてくれる。2階からBさんが降りてくる。
「Ryookoさん、お茶でも飲みにいきませんか?」
主催者のBさんが誘う。Ryookoは背を向けたまま振り向きもせず「私、今、Bruxellesとたこ焼き食べてますから」・・!!
「たこ焼き食べてますから」などという理由で、Bさんのお誘いを断る?なんて人なんだ、Ryookoは。Ryookoも出品している。

Ryookoと初めて会ったのは島之内教会でのイベント。支路遺さんの演出の下、その場でセリフ別けして、ひとつの作品(Ryookoの)を二人で朗読した。来たばかりで私はなんのことかわからない。
(R)白い砂波が押し寄せ 
(B)音もなく崩れていった
(R)ひとつひとつの砂丘の列が
(B)再び形をいだき 地上に現れたのは
(R&B)果たして
(R)何を見るためであったのか。
女友達の名前を呼び捨てにする趣味は私にはない。しかしRyookoのたっての望みでそうしている。例外。アンダーグラウンドの匂いがした。はじめて見るタイプ。次に支路遺さんの家でRyookoの詩集の試し刷りを見た。そして「あっ」と衝撃を受けた。「なんなんだ、これは!」かぁー!こ、こんな!・・「果ててよ果てて」というタイトルの詩。クックックックックックックッ・・果ててよ果てて、などという詩のタイトルって、あり?後に私はこのRyookoと大阪、神戸、京都、東京のジャズ喫茶行脚をすることになるのだが、、最初の印象は、危険、何でもありの人、ドキドキそしてやっぱりアンダーグラウンド。インタープレイ8に行けば、たいていそこに居る。お父さんは京大出の弁護士。本人はエスカレーターの帝塚山お嬢様。ショートホウプのすい方も実はこの人に習った。

「Bruxelles,Bさんと付き合うの、やめた方がいいよ」
アングラお嬢様はBさんが嫌いのようだ。

親友の姫神さんが来た。Bさんに紹介する。
「Bさん、こちら私のコンサルタントの姫神さん」
「お噂はかねがね、Bruxellesさんからお聞きしています」等とお互い言い合っている。「あの人に子供が居るなんてピンとこない」後でBさんの印象を姫神さんはそう言った。

3日目に母も来た。初めてBさんを紹介する。
母はBさんを「プレーガール」の沢たまきに似てるという。似てるのはアルコールで潰れた声だけだと思う。Bさんをわかりやすく言えば京マチ子の美貌と嵯峨美智子の妖艶さを足して現代風にした感じだと私は思う。(たとえが古くて申し訳ない)

Ryookoが次々に口に入れてくれるたこ焼きをパクパク食べながら「私は一体Bさんが好きなんだろうか。好きだとしたら、どのように好きなんだろう。そしてそれは何故なんだろう」と、ふと思った。
//////////////////////////////////

Mireille MATHIEU 「Acropolis Adieu」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。