PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VERTIGO

VERTIGO 2004年7月24日 (Sat) 18:09:37

パイロットの陥る症状のひとつにVERTIGO、眩暈がある。高度を上げていつの間にか空気が薄くなる。無意識に呼吸を速めて、結果過呼吸になる。生命の危機に遭遇した場合もドキドキして過呼吸になる。テクストが手元にないので22年前のあいまいな記憶で書いている。多分因果関係は合っていると思う。対策はビニール袋を口に当て自分の吐いた二酸化炭素をもう一度吸って酸素の量を減らす。治療に副作用も何もない。病気というより現象だと思えば言い。

眩暈は頭痛とセットになる場合もあり判断を狂わせる原因にもなる。それは大事故に繋がる。現象だと言えども、甘く見てはいけない。

夕陽は夕陽と言う名詞をあてがわれた存在のように見えるが、夕陽とは現象だ。存在ではない。

病気もガンのように存在する病気と、喘息のように、気管支が縮まり空気の流れが妨げられる現象の病気がある。

今一番恐れられている脳梗塞はどうだろう。血の流れが澱むというはじめは現象なのだが、繰り返されて血栓が存在するようになれば、除去対象ともなりえる固体存在だともいえる。

喘息も近年痰と言う存在に気道を塞がれ死に至る場合も多くなっている。?

夕陽もいつか存在になるのだろうか?

夕陽が泣いたり笑ったりする文学的世界と、あくまでも現象である物理的世界と、カテゴリー別に、名詞の機能分類、機能分析をする必要がある。

あなたは自分の生きてきた人生そのものが、果たして現象なのか、存在なのか、フと判らなくなったことが無いだろうか?

/////////////////////////////////

Damia   「L'angelus de la mer」


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。