PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alexis Arguello (4)

Alexis Arguello (4) 2004年8月30日 (Mon) 17:48:52

武器を捨て米国に戻りカンバックした後どんな人生を送ったのだろうか。85年、86年、94年それぞれ1試合のみ、それぞれ1勝。最後の試合は95年無名選手Scott Walkerに判定負け。さらにザッと資料をあさってみた。

今年の3月29日garnespot.com/ps/sports/knockoutkings2001/に意外な記事。Alexis,Electronic ArtsとSonyとNintendoを訴えるという見出し。The knockout Kings2001というゲームソフトがあるらしい。登場するのは重量級ファイター、Muhammad Ali,Oscar de la Hoya,Evender Holyfield,Lennox Lewis,Naseem Hamed等。3年前の2001年ファンがそのゲイムソフトにサインをしてほしいと差し出すまでまさか中量級の自分がゲームのキャラクターに使用されているとは夢思わなかったらしい。Los Angeles Timesによると裁判は現在進行中。

もうひとつ。2002年2月25日、latinosportslegends.com/2002/によるとあくまでもこの時点の話だけれども、Alexisの伝記映画、制作予定とのニュース。Ron HammadのFor Ever Filmという会社が名乗りを上げた。Arguello役の俳優にはAntonio Banderasの名が上がっている。1974年Ruben Olivaresを下しWBAフェザー級チャンピオンに。その後ジュニア・ライト級とライト級の世界チャンピオン。ジュニア・ウエルター級のタイトルをかけたAaron Pryorとの2戦は以前に書いた。あれを思い出すだけでも確かに充分映画になりえる。

そして2000年、espn.go.com/boxing/columns/にTim Grahamの書いた記事、Arguello:I wanted to dieを発見、釘付けになる。wantedだからこの記事の時点では、立ち直っているわけだ。記事の中で、繰り返された自殺の試みが語られている。

BoxerとしてAlexisが残したイメージは高貴で勇敢、礼儀正しくハンサム、カリスマ性のある成功者、望むものすべてを手中にしていた。あまりの英雄ぶりにSandinistaはこれ以上人気が出ないよう、放送や印刷物に彼の名を出すことを禁止した。

しかし実際には彼は、酒と麻薬に溺れてゆく。

原因のひとつはもはや戦えない年齢の苦痛。スポットライトと人々の賞賛の喪失から来る苦痛。16歳からプロの世界に入り、ボクシング以外、何のなす術も持たない苦痛。ニカラグアの英雄という人々の期待に応えなければということと、現実とのギャップの苦痛。M-16ライフルを手に戦ったあげく手にした社会の不正に対する絶望。米国がNicaragua支援の為に差し出した援助金を個人的にネコババする現政権の役人を目撃して傷つき、自傷行為(自殺)による復讐を考えるようになる。

99年Maraguaの新聞”La Noticia"に「今一番望むのは誰かが私を永遠に眠らせる注射をしてくれないかということ」とスペイン語で語った彼。Pedro Fernandezのラジオ番組”Ring Talk"でも「私は死にたい」と漏らす。FernandezはCaliforniaのBetty Ford Centerで治療を受けるようわざわざManaguaまで説得に赴くが,全く耳を貸さない。「もうどうしようもない」と当時28歳のAlexisの長男が言う。「財産すべてを売り払うところまできていた」?

2000年1月Managuaのインターコンチネンタルホテルでスコッチとワイン、コカインをのんで荒れ果てたAlexis。すでに彼との間に2人の子供を生んでいるガールフレンドのAliciaが、家に帰ろうと言うと、抑制のきかないAlexis、彼女を突き飛ばす。逆上して反撃しようとする女の首を絞め殺しにかかる。自分の行為にうんざりして2週間落ち込むAlexis。Aliciaはプレスにぶちまける。ついに自らHoderaリハビリセンターに入所、そこで2ヶ月過ごした。ー

それからアルコールや薬物は手にしていない。悪習は3度目の妻から受け継いだMarlborosの煙草だけ。リハビリ中、女中毒も克服した。Alexisジュニアが語る。「あの状態の人間で、最も重要なことは『助かりたい、人生をやり直したい』、と本人が思うこと。自分でそう思ってくれて僕も嬉しい」?

「朝起きて、昨日何があったか、思い出せるのは素晴らしい」とAlexis。「それに気づけるのは、すごい」と、Alexisジュニア。

ボクサー時代のAlexisからは全く想像も出来ない日々が、引退後の彼に待っていたようだ。現在彼の印刷会社は順調な筈。元世界チャンピオンのプライドで公私共に復活してほしい。

////////////////////////////////////
「Dans le meme wagon(そよ風に乗って)」Marjorie Noel

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。