PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬に名前を法の裁きを

2005年5月27日 (Fri) 18:27:48

その年はミリバールからヘクトパスカルに気圧の単位が変わった年だった。

Bicketは旧家の一人息子で、広いお屋敷に住んでいる。両親とも元教師。大きな門を入ったところに老犬がいる。
「名前は?」「無しです」「ずっと?」「はい。もう弱って目も見えない。人が来ても吠えもしない」

ある時「犬を飼いたいのですが」と電話がかかってきた。ちょうどTTから「犬を貰ってくれる人いないかい?」と電話があった後だった。何も連絡しないでいきなりBicketの車でTTの家まで行った。庭先で犬が10匹ほど吠え立てている。さぞかし近所迷惑だろうと思う。近所の人に「行き先わかりますか?」と聞いたら「多分パチンコ屋だと思う」ということだったので待った。結局夕方の4時から夜の8時まで待った。町内会の旅行に行っていたらしい。残った6匹中オスは1匹だけで、後の5匹は保健所に持っていく、ということだ。まだ目も開いていない。足も立たない。小さな私の手のひらに乗る。「名前を考えてください」帰りの車の中でBicketが言った。Bicketの家に到着してその犬にミルクを飲ませた。当分Bicketの部屋の中で育てられることになった。
「賢い犬になるように、パスカルにしよう。ついでに玄関にへたり込んでるあの老犬にも名前を付けよう。あの老犬はヘクトよ。どお?」「OK有難うございます」

5月の連休にBicketの家のGardenでBarbecue Partyがあった。アメリカ仕込みのステイキとハンバーグをバンバン焼いてくれる。パスカルは白いやわらかい毛が生えて、可愛い、でもまだヨタヨタの子犬になっていた。ヘクトも家人からヘクトと呼ばれていた。名前って、本当に存在と密着し始めるものだと、名前の不思議を感じた。

犬の名前。実は、TTの家で、Bicketと私を唖然とさせる場面に出くわした。なんとTTが、飼っているメスの成犬の1匹を「Bruxelles」と呼んだのだ。そのBruxellesは尻尾を振って走ってきた。Bicketが思わず私の顔をみた。人を不愉快にするこういう行為を、法に訴える手立ては無いものだろうか!!

/////////////////////////////////////

「Salade de fruits」 Bourvil
 確か森山加代子が昔日本語で歌っていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。