PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Double Booking (2)

「カウンターの人にそんなに怒っても、仕方ないでしょう。もう諦めましょう」と言う。
「そんな訳にはいかない。あちらの空港で何人も待っている。遅れるわけにはいかない」
「もう飛行機は出てしまったんですから。諦めてみんなで、次に乗れる便が来るまで、静かに待ちましょう。我慢しましょう」と言う。
ミンミンが言った。「カウンターの人たちには責任はないけれども、この人たちと交渉するしかないでしょう。先生、気にせず、交渉して何とか、乗せて」
実は先生、5日前に淡路島の先山にバイクでツーリングして、下りのなんでもないところでゆっくりと転倒し、そしてギックリ足を捻挫していた。本当は立っているのも辛い。しかしそんなことは言っておれない。我慢するべき我慢と、我慢してはいけない我慢がある。交渉を続ける。
「とにかく、次の便に」?「直行ではありません」
「どこまで?」?「ロス行きです」?「それから先は?」・・
45分ほど立ったまま交渉を続けて、7人分だけロス行きの席を用意いたします、という回答をやっと得た。
6人が「わぁっ」と喚声を上げた。すぐに搭乗券が渡され、搭乗口に向かった。その時、思いがけず罵声が飛んだのだ。
壁に並んで疲れて立っている60人以上の日本人が一斉に憎悪と軽蔑の目で私たちを睨みつけた。
「自分たちだけが乗るのか?」
「なんて恥知らずで利己主義なんだ」
「あんまり自分勝手なことをするな」
「私たちの立場になったら、そんな勝手なことはできない筈でしょう」
「エゴイスト!!恥知らず。日本人の面汚し!!」

「ミンミン、あの人たち、何故怒ってるの?」
「わかりません」
「あの憎悪に煮えたぎった眼。交渉をやめろと言ったのに、交渉を続けたから?」
「先生、気にしない、気にしない。早く乗りましょう」・・
座席に案内されて、また6人が喚声を上げた。
螺旋階段を昇って2階に上がる。ファーストクラスだけが空いていたのだ。「やったー!」6人が喜んでくれている。ゆったりとしている。スリッパに履き替える。
「食事もファーストクラスが出るのかなあ」
「食事は無理でしょう」(笑い)・・

ロスに到着してからまたひと波乱あった。ニューヨークに到着してからも、荷物だけが先に届いて、空港の倉庫に入ってしまっていた・・というような事態まで発生した。・・
空港近くのホテルで、月曜日の朝倉庫が開くまで、身動きとれずに無駄に待たなければならなかった。

月曜日、空港の倉庫まで全員で荷物をとりに行く。
ミンミンが倉庫から出てきて言った。
「ソウルに残っていた日本人も来ていました。私を見てこう言うんですよ。『あの人は来ていないじゃないか。あのエゴイストは今度はあんたたちを、おっぽり出して、先に行ったんだろう』って」
「それで?」
「それで『ちゃんと一緒に来てますよ。先生は機内荷物がないので、外でじっと待ってくださってるんです。先生も私たちも、あなたたちに集団で罵倒されるような、エゴイストでも、何でもありません』って言いました」
「うーん。何かが許せないんでしょうね。何なんだろう。何があんなに憎しみを生むのだろう??そしてそれがこっちに向くんでしょう、I wonderね。Why,Why,Why,Why?」
「本来overbookingした大韓航空に向くべきなのに、怒りを押し殺したので、違う方向に向かってきたんでしょうね」
「どうして間違いに気づかないんだろう?」
「自分たちは交渉出来ないから、うらやましくて、憎たらしいんでしょ」・・・・・

私とて初めから、人と対話できたわけではない。これはParisの生活で身についたのだ。当然の権利を行使するためには、発言しなければならない。楽しい楽しくないではなく、そうしなければParisでは生きていけない。パリ病に罹ってノイローゼになる日本人が多いのは、一般的に対話訓練、交渉訓練を全く体験せずに、特殊な風土の中でずっとみんな一緒に”長いものに巻かれる”のを善として生きてきたからだ。

参考サイト:「人間を幸福にしないシステム

//////////////////////////

  「J'ai encore reve d'elle」 Il etait une fois
このグループ名が面白い。「昔、昔・・」と言う感じの意味。このグループ名の前半を耳元で色っぽく呟くと、日本人男性はギクッと興奮する(?)


 岸 恵子さんの著作に「30年の物語」(講談社文庫)がある。パリのアパルトマンに煙が入り込んでくるというトラブルの体験を書かれている1章がある。彼女は相手方に交渉に行く。よくあることだが、相手が一筋縄でいかない人物。他人のために改善いたします、などという気はさらさらなくて・・当然難航する。「よく我慢してるわね。どうしてアクションを起さないの?」という友人は多い。難敵を相手に彼女の悪戦苦闘ぶりが描かれている。この本を読んでも、「争わず諦めて自分がさっさと引っ越せばいいのに」と一般的な日本人は岸恵子さんを罵倒し彼女に怒りを露にするのだろうか?

この章を抜きにしてもこの本はとても面白い。真剣にいきていれば、実は政治とは身近にあると気づかせてもくれる。ロシアのタンクがチョコを蹂躙したあの事件、彼女は歴史の中心を目撃している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。