PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年後の人生(1)

緑風さんが独立して自分の会社を設立して2,3年の頃だった。
「今うちの幹部が入院中で、見舞いに行ってきた。給料も届けてきた。すごく喜んでくれた」・・
会社を設立したら、そういった働いていない社員にも給料を支払わなければならない。個人経営の会社は大変だなと思った。
緑風「うちの社員として、元気なときは働いてもらっていたからね」
働かせてやっているという、社長と、働いてもらっている、という社長と、この違いはすべてにおいて社風を根本から異なったものにする。

入院中の幹部の人の話になった。
仮に名前をD氏としよう。D氏は一流大学を出て一流企業に就職、そこで定年を迎えた。そのまま年金暮らしをすることも出来たが、まだ元気で働く意欲も充分にあった。そこへ知り合いの会社から、ポストと高給を保障され、それまでの経験を活用してほしいと、ぜひにと迎えられた。
断る理由がない。願ってもない話だった。第2の人生をスタートさせた。・・
1年ほどした頃、ほんの形式だけだからと、借入金の連帯保証人を頼まれた。自分のポストを考えると断れない立場にあった。
1回2回と繰り返し、挙句にバブルがはじけて、その会社は倒産した。
今までの人生があまりに順調だったためか、疑ったことなどまるでなかった。しかし、嵌められた、と結果的には思えないこともない。そう考えると疑惑は確信になった。
息子の嫁の実家に恥を忍んで借金の申し込みに行った。あんたはなんて馬鹿なんだと、笑いものにされ大恥をかいただけだった。家、土地、株、預金、全部を処分して裸で出直すしかなかった。
D氏は一生分の悔しさをその時味わったに違いない。
ゼロから就職活動を始め、ようやく緑風さんの会社に生活のために職を探し当てたのだった。
「他山の石としたい」と緑風さんは言った。
「何とかなる。誰かが助けてくれる。そんな甘い考えは捨てなければならない。僕もよく肝に銘じようと思った」と。

D氏に限ったことではない。類似した話は世間に5万とある。想像力がなくても、D氏の味わった苦汁は察するに余りある。
入院は癌のため、ということだったが、やはり、この苦渋がその引き金になったと言えないこともないだろう。

半年後に緑風さんに会った。
「今日は社員の葬儀だったんだ・・」
誰の、と聞かなくてもすぐにわかった。
人生いつ、どこで地雷を踏むかわからない。不景気になればなるほど、見えないところで音もなく、その地雷の数は粛々と増えている。

//////////////////////////////

MIKE BRAND 「Laisse-moi t'aimer」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。